何佳興展

http://www.ad518.com/article/id-14105

台湾のフリーランサーシリーズ - グラフィックデザイナー何佳興展

会期:2018年9月8日 |土|- 10月14日|日|(金、土、日曜日開館)
開館時間 : 12:00 - 19:00
会場:NIBUNNO , 東京都港区東麻布1−8−2
入場料:¥500
主催:NIBUNNO / BXG株式会社
翻訳:宮崎良亮
-
特別イベント - 何佳興によるカリグラフィー実演とデザイン対談
会期:2018年9月15日 |土|
会場 : NIBUNNO , 東京都港区東麻布1−8−2
入場料:¥500
時間 :
14:10 - 14:30 受付
14:30 - 15:10 カリグラフィーの実演
15:10 - 16:20 デザイン対談
会場のキャパシティの都合上、参加いただける人数に限りがあります。参加をご希望される方は、下記サイトにて代表者の名前・連絡先と参加人数を明記の上、事前予約をお願いいたします。
※参加費用は当日のお支払いとなります。

事前予約サイト:event.bxgroup.co
-
「文化」は芸術とデザインを発展させるだけにとどまらず、服装や音楽など、さまざまなものの様式の形成にも多大な影響を与えています。その文化や歴史などのコンテクストの中から、「サンプリング」という方法を通して、配色、ライン、字体をはじめとした要素を抽出し、再構築することにより、現地の独自性を表す事ができます。

台湾のグラフィックデザイナー何佳興(ホー・ジャアシン)は、大学在学時に篆刻(てんこく)と現代芸術を専攻。その中で「篆刻と現代芸術の観点から、現地の歴史を結びつける」というテーマを見つけ、自身のデザインコンセプトを確立していきました。

例えば、サンプリングの1つに、宮廟文化やその関連行事として行われる台湾の神事「藝陣活動」があります。藝陣活動で用いられる色、スタイル、ラインなどの要素を抽出することで、台湾特有の視覚言語が生み出され、日本や欧州とは異なる独特なデザインスタイルを創造します。

本展では、グラフィックデザインや書籍の製本美術、現代美術など、何佳興の多岐にわたる作品群を展示します。多様なコンテクストをもった数々の作品を通して、台湾のビジュアルデザインについてさらなる理解が促されることを期待しています。

本文地址: http://www.ad518.com/article/id-14105

 

 

猜你喜欢



热门 TAG


 

 

 

最新


 

热图

 

 

本周排行