生きてゐる山水

http://www.ad518.com/article/id-14288

生きてゐる山水

廬山をのぞむ古今のまなざし

岡山市 岡山県立美術館 

TEL.086-225-4800

開催期間:2018年8月31日(金)~9月30日(日)

岡山県立美術館では、雪舟や浦上玉堂をはじめ、岡山県にゆかりのある画家の描いた水墨画を数多く収蔵し、彼らが憧れ学んだ中国絵画についても収集、紹介してきました。中でも、宋末元初の画僧・玉澗の描いた「廬山図」(重要文化財)は、当館のコレクションを代表する水墨山水画の名品です。さらに、廬山の位置する江西省と岡山県とは、1992年に友好提携を結び25年余も交流が続いています。

本展では、その廬山に着目し、現代作家による新たな視点を加え、山水画の魅力をご紹介します。1958年岡山県生まれの画家・山部泰司は、1980年代に関西ニューウェーブと呼ばれた多様な美術表現を経て、単色による風景画を中心に絵画の可能性を追求しています。近年、(伝)董源「寒林重汀図」(重要文化財 黒川古文化研究所蔵)との出会いにより、「横断流水図」を制作し、続いて(伝)李成「喬松平遠図」(澄懐堂美術館蔵)に学んだ「岩と松 平遠図」を発表するなど、古典に通じた迫力ある作風が評価され、第30回「京都美術文化賞」を受賞しました。2016年夏には実際に廬山を訪れ、現代の「廬山図」に取り組んでいます。長い歴史を経て伝えられた中国絵画と、廬山を主題とする書画の名品に、現代作家の真摯な表現が響き合い、山水画の世界を体感できる貴重な機会となることでしょう。

本文地址: http://www.ad518.com/article/id-14288

 

 

猜你喜欢



热门 TAG


 

 

 

最新


 

热图

 

 

本周排行