没後20年 旅する黒澤明

http://www.ad518.com/article/id-14403

国立映画アーカイブ開館記念 
没後20年 旅する黒澤明 

槙田寿文ポスター・コレクションより

会場:
国立映画アーカイブ 展示室(7階)
会期:
2018年4月17日(火)-9月23日(日)
開室時間:
11:00am-6:30pm(入室は6:00pmまで)
※毎月末金曜日は11:00am-8:00pm(入室は7:30pmまで)
休室日:
月曜日、8月7日(火)~12日(日)、9月4日(火)~7日(金)は休室です。
観覧料:
一般250円(200円)/大学生130円(60円)/シニア・高校生以下及び18歳未満、障害者(付添者は原則1名まで)、国立映画アーカイブ及び東京国立近代美術館のキャンパスメンバーズ、有効なMOMATパスポートをお持ちの方は無料
*料金は常設の「日本映画の歴史」の入場料を含みます。
*( )内は20名以上の団体料金です。
*学生、シニア(65歳以上)、障害者、キャンパスメンバーズの方はそれぞれ入室の際、証明できるものをご提示ください。
*国立映画アーカイブの上映観覧券(観覧後の半券可)をご提示いただくと、1回に限り団体料金が適用されます。
*2017年度までに入手されたMOMATパスポート(裏面にフィルムセンター展示室と記載のあるもの)は、期限の終了までは国立映画アーカイブ展示室においてもご使用になれます。
*2018年5月18日(金)は、「国際博物館の日」(毎年5月18日)を記念して展示を無料でご覧いただけます。
主催:
国立映画アーカイブ

本文地址: http://www.ad518.com/article/id-14403

 

 

猜你喜欢



热门 TAG


 

 

 

最新


 

热图

 

 

本周排行